開催中:梅田恭子 3の秤 GALLERY SAOH & TOMOS (表参道)

すべて新作です。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りくだされば幸いです。

梅田恭子 3の秤

開催期間:2024年5月13日(月)~5月25日(土)
開館時間:11:00 – 18:00 最終日 17:00 まで
定休日:日曜日

GALLERY SAOH & TOMOS
150-0001 東京都渋谷区神宮前3-5-10(私道奥左)
tel.03-6384-5107

●東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」
  A2出口より徒歩約7分
(A1出口付近、三菱UFJ銀行側にエレベーターあり)

●東京メトロ 副都心線「明治神宮前駅」より徒歩約10分

梅田恭子 3の秤 GALLERY SAOH & TOMOS (表参道)


すべて新作です。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りくだされば幸いです。

梅田恭子 3の秤

開催期間:2024年5月13日(月)~5月25日(土)
開館時間:11:00 – 18:00 最終日 17:00 まで
定休日:日曜日

GALLERY SAOH & TOMOS
150-0001 東京都渋谷区神宮前3-5-10(私道奥左)
tel.03-6384-5107

●東京メトロ 銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」
  A2出口より徒歩約7分
(A1出口付近、三菱UFJ銀行側にエレベーターあり)

●東京メトロ 副都心線「明治神宮前駅」より徒歩約10分

母守唄 母は焚き木です展 砂丘館(新潟・中央区)


砂丘館企画展に1点参加しています。どうぞよろしくお願いいたします。

母守唄 母は焚き木です展

開催期間:2024年2月15日(木)~3月24日(日)
開館時間:2月/ 9:00-19:00 3月/ 9:00-21:00
定休日:月曜日、2月27日、3月21日
料金:観覧無料
主催:砂丘館

砂丘館 sakyukan
〒951-8104
新潟市中央区西大畑町5218-1
TEL & FAX 025-222-2676
E-mail sakyukan@bz03.plala.or.jp
9:00~21:00
休館日:月曜日
その他の休館日

梅田恭子 置去傘 ―おきさるかさ―

このたび元麻布ギャラリー甲府にて個展を開催いたします。ご高覧いただければ幸いです。
期間中は在廊の予定です。よろしくお願い申し上げます。

会期:11月1日(水)~11月12日(日) 12:00~19:00
会場:元麻布ギャラリー甲府

元麻布ギャラリー甲府
〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-3-2東横イン甲府駅南口Ⅱ 1F
TEL:080-1143-8940
Facebook:https://www.facebook.com/motoazabugallery.kofu

45周年特別企画展 シマダデマンダラ(ギャラリー島田・神戸)

ギャラリー島田 45 周年企画て 45 年目「シマダデマンダラ」に作品を出品しています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

会期:202378日(土)-725日(火)
11:00-18:00  *最終日は16:00まで
会場:B1F un & 1F deux & 1F trois

ギャラリー島田/アート・サポート・センター神戸
〒650-0003
神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX   078-262-8058
HP      http://gallery-shimada.com
MAIL     info@gallery-shimada.com
Facebook https://www.facebook.com/galleryshimada/

梅田恭子展 アトヲヒク記憶 (ギャラリー島田・神戸)

会期:2023年6月10日(土)-6月21日(水)
11:00-18:00  *最終日は16:00まで
会場: 1F trois(予定)

すべて新作です。
お近くにお越しの際は
お立ち寄りくだされば幸いです。
梅田恭子

ギャラリー島田/アート・サポート・センター神戸
〒650-0003
神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX   078-262-8058
HP      http://gallery-shimada.com
MAIL     info@gallery-shimada.com
Facebook https://www.facebook.com/galleryshimada/

坂の上の作家たち展 (ギャラリー島田・神戸)坂の上の作家たち展

このたびギャラリー島田で開催される「坂の上の作家たち」展に梅田恭子の作品も出品されます。

会期:2023年2月18日(土)~3月1日(水)
会場:B1F un & 1F trois(予定)

2016年にギャラリー島田より発行しました、元神戸新聞記者・山本忠勝氏の美術評論集『坂の上の作家たち ギャラリー島田という絶壁』で紹介されている作品を展示する企画です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

ギャラリー島田/アート・サポート・センター神戸
〒650-0003
神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX   078-262-8058
HP      http://gallery-shimada.com
MAIL     info@gallery-shimada.com
Facebook https://www.facebook.com/galleryshimada/

特別展示 栗田宏│梅田恭子 開催期間延長(新潟・中央区)

特別展示 栗田宏 梅田恭子

展示期間が2月5日(日)まで延長になりました。ご高覧いただけましたら幸いです。

  • 開催期間:2022年12月21日(木)〜2023年2月5日(日)
  • 開館時間:9時〜21時(1月、2月は〜19時)
  • 定休日:月曜日(1月9日は開館)、1月10日、12月28日〜1月3日
  • 料金:観覧無料
  • 主催:砂丘館

砂丘館では何人もの作家から作品をお預かりしてきた。

それらを企画展の合間に砂丘館の常設展示ともいうべき「砂丘館セレクション」の一部として、また時には「特別展示」としてある程度まとまめて展示してきた。

それなりの数の作品を預かっている作家もある。

栗田宏と梅田恭子である。

栗田宏は今年の8月23日に70歳で急逝した。この2人展は彼の存命中に構想し、二人にも伝えていたもので、やはり預かった作品から選んで展示する予定だった。

梅田恭子の場合は、ちょうど一年前に、これもまとまった点数でお預かりしている版画集「ツブノヒトツヒトツ」を展示したが、それと同じ時期にギャラリーみつけで開かれた展示に並んだ彼女の初期の版画を、その後砂丘館で数点預かることになった。

二人の作品は外見上の共通点もあり、砂丘館では作者名を書かずに最近は展示することが多いが、梅田の絵を栗田さんですか? と絵に興味のある人から聞かれることもあった。

とはいえ、二人のどちらかがどちらかに影響をうけたということは、まったくない。

そんな二人の絵を同時期に並べてみたいと思ったのは、去年の梅田の展示の直後だった。ギャラリーみつけの展示で、自分という穴をひたすら垂直に掘っていこうとするようなその表現に、初期(1980年代)の栗田の絵の息詰まるような線の集積を思い出したからだ。

11月になって梅田から、雁皮紙に刷られた版画がくしゃくしゃに丸められたものが送られてきた。紙は破れていた。畳の上でそれを指で広げていると、深くなにかを感じてしまうために、その分だけ生きにくい人生を引き受けざるを得なかった、そして、描くことを通じて引き受けてきた二人の、皮膚にさわっている気がした。

(大倉宏 砂丘館館長)

特別展示 栗田宏│梅田恭子 砂丘館(新潟・中央区)

初期の銅版画に、デッサン、陶芸などが展示されています。
砂丘館館長の大倉宏さんによる企画展です。

どうぞよろしくお願いいたします。

特別展示 栗田宏│梅田恭子
開催期間:2022年12月21日(木)〜2023年1月22日(日) ※2月5日(日)まで延長
開館時間:9時〜21時(1月は〜19時)
定休日:月曜日(1月9日は開館)、1月10日、12月28日〜1月3日
料金:観覧無料
主催:砂丘館

砂丘館 sakyukan
〒951-8104
新潟市中央区西大畑町5218-1
TEL & FAX 025-222-2676
E-mail sakyukan@bz03.plala.or.jp
9:00~21:00
休館日:月曜日
その他の休館日